乳酸菌革命で腸内環境はバッチリ

乳酸菌革命は、運動する時間が無い、色んな乳製品を試したけどダメだった、ゆっくり休む時間がないなどの悩みをお持ちの方にぴったりの商品となっています。

今まで何をやってもダメだったという人でも、乳酸菌革命を飲めば、理想の朝に近づくことが出来ます。
ポイントは、主に3つあります。

1つ目は、話題の乳酸菌に3大乳酸菌をプラスしたことです。
ラクトバチルスガッセリーやラクトバチルスブレビスなどの話題の乳酸菌に、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌が入っています。
ビフィズス菌には有害菌の増殖を抑える働きが、ラブレ菌には悪玉菌の増加を抑える働きが、ガセリ菌には日本人と相性のいい乳酸菌で、ビフィズス菌と一緒に腸内環境を整える働きがあります。

2つ目は、元気にたっぷり、しっかり届くことです。
一般的な乳酸菌は胃酸などに影響を受けてしまいほとんどが死滅してしまうのですが、乳酸菌革命は有胞子乳酸菌というやつなので、死滅せずに腸に到達します。

何故かというと有胞子乳酸菌は耐熱性に優れているからです。
3つ目は、添加物不使用で安心かつ安全であることです。

ですので、安心して毎日続けることが出来るのです。
1日2粒飲めばいいので、気軽に続けられます。

乳酸菌サプリメントの特集サイトもぜひチェックしてみてください。

洗脳というものは続く

昨日、勢い激しくブログを書いていて、犬の散歩に行って、横になって、起きたら、いきなり11時でした。
早いですね。やっぱりブログの連打というものは、疲れが溜まる分、よく眠れるものだと思いました。

ボーダーの洗脳って、未だに自分はなんとも気持ちの上では思ってないのです。
多分、他にやられた方も同じではないでしょうか。
人ってずっと信頼して、その人の話を何度も何度も聞かされていると、信じ込んでしまうのと、その人を疑わないのですね。
アサハラの洗脳ってそういうものだったのではないでしょうか。
傍から見たら、大丈夫かというような事をさせられて、未だにアサハラを崇拝している人は、もう修行とか言われて、ずっとそれを信じ込まされるのですよね。
それって究極の洗脳だと思います。
例えば、仕事をしたら、1000円もらえる、そのためにあなたは修行を10回しなさい、で終わったら偉いよくやった、では又やりなさい今度は2000円という風な、あめとむちのように洗脳されていくと、盲目的に人を信じてしまい、全てその人の発言を鵜呑みにしてしまうという事です。
ボーダーにそれは凄くあります。頭にくる事もあるのですが、どちらかというと他の人の方に頭にくるのです。怖いですね。

クリスマスってどうなるのか

糖尿薬にアクトスを出されています。
これを飲むと、意識がなくなるような、強烈な眠気が襲ってきます。
何かそういう作用があるのかは分かりませんけど、血糖値って結構大事だと思っています。

血糖は高いと穏やかでありながら、体がだるくなり、分からない発現は、正反対の意見をくらうと、瞬間的にキレてしまいます。
低いと、逆に冷静に考えながら、段々苛々してくるのです。
確かに血糖値が低いのは、糖尿でなくてもあって、その場合、苛々してしまうという話を聞いた事があります。
よく感情的になり、太っているタイプの人は、糖尿の確率が高いです。

クリスマス、僕はもうケーキはほんの少しですね。やっぱり、子供の頃の思い出として、ずっと残るものなのでしょうね。
親が美味しいものを買ってこいというかもしれないので、買いにいかされる可能性はありますけどね。
でも過食する気もないですし、親父は洋菓子を食べない人間ですし、あんまりイベントにはならないでしょうね。

自分が一人で生活する時が来たら、クリスマスってただの何でもない日になるのでしょうか。
記念日は大切な部分はありますけど、誰か傍にいて、幸せな日々が送れたらと思います。どうしたらいいのかは分かりませんけどね。

新興宗教の詐欺というもの

戦後、新興宗教が激しく生まれました。
天理教は、かなり関西で流行ったようです。それ以外にも、大本教、何でも合気道を考えた会津若松が発祥の宗教らしいのですが、それ以外に立正佼成会など、様々な宗教が流行ったのだそうです。
うちの祖父さんがそれをよくやっていて、戦後だとまだ宗教に抵抗のない人が多く、よく書いていますが、祖母の家族を全員、宗教に入れてしまったのだそうですよ。
未だに祖父さんが適当と言われて、相手にもされない悪い癖です。

アサハラは宗教は金になると言っていたそうですね。
新興宗教は究極、金ですね。だから宗教というもの自体を否定するというより、確かに何かを信じたり、生き方や道筋をそういうものに求めるのはよく分かる話だと思います。
ただ何でも信じてればいいとは思いません。
だって、霊能力を100万出して、修行して勧誘すれば、神になるなんて、あほらしいとか普通に思いますよ。
今の新興宗教はほとんどそんな感じだそうです。

立正佼成会のおっさんが、入院した時、隣にいましたが、あほらしくなってやめたそうです。
統一教会の信者も、世界は21世紀になるまで破滅するので、沢山寄付しろみたいな事言われたら、破滅もないので、キレたと言っていました。
詐欺ですね。

やはり福祉だなと思います

これは残酷と思われるかもしれませんが、実際精神障がいにも程度があり、軽い人はそれ程、病状がないと見ています。
若い人は、がんがんバイトなりしているでしょうし、障がいだからという括りは、やはり古いのです。
その人達は、生活していって、健常者と同じような生活になるのです。

僕はもっと病状の重い人の方が楽ではあります。
知り合いでも、知的障がいの施設へ転職したら、楽な所はとことん楽だったという話を聞いた事がありました。
薬で抑えられていると、基本的には、感情を爆発させる事がありません。
苛々している人を見ていると、病気というより、ずっと入院している事への恨み妬みだと思います。
障がいの方の優しい人、まあ暇な人に、一芸でも趣味や芸術など、楽しみを覚えて欲しいというのが一つと、やはりそれで生活出来たらと思う事が一番でしょうか。

ブログを読むより、福祉を真面目に従事している方は、理解してもらえると思います。
勿論、考え方はまちまちですから、違う意見もあると思います。
ただ、何かに没頭出来る事が幸せなのだとは入院している人を見ていて、僕の主観ですけど思います。
誰だってずっと入院と言われたら絶望する、そのお手伝いをしたいとは強く思っています。

肘が痛くなりながら書き続ける

深夜に起きていると、愛犬二人が、食い物くれくれと遊びに来ます。
面倒なので、ざっとばらまくと実に物分かりがいいですね。

親父は余りあげたくないようです。前から自分は食い物で犬を引き留めるという理由ですが、実のところ、愛犬にあげているのは、煮干しですから、そんなに太るものではありません。
なので、煮干しをばらまく、何だかハトに餌をあげているようですね。

この時間帯、うさを忘れるかの如く、ひたすらブログを書いているのですが、肘が痛いです。
もう全身、満身創痍になるようで嫌ですね。
外でチャリ漕いで、少し回っただけで筋肉痛になりましたし、なまりっぱないです。
そういえば、プールはどうなったのでしょう。

何か、昼寝して起きたら、親が話していて、祖父が晩年を過ごした老人ホームには年中使えるプールがあるのだとか言っていましたね。
無料の一時間一回の送迎バスもあるのだとか。
とはいっても、山奥の山奥を更に道を進むような所なので、それなら、市がやっているプールの方がいいなと思いますけどね。

まあ、泳ぐにしても、そういう水着を買わなくてはなりませんし、三年の間、ほぼ、買い物はしないと決めていますので、散歩が一番いいと自分では思っています。