総まとめ的な話です。

子供の頃、鉄棒で、逆上がりが出来た時、真面目に自分をほめました。
そういうものが必要なのだと、僕も思います。

子供の空虚化や、つまらない人生と思っている人は、取り合えずやりたい事が抜けている、これは何度も書きましたね。
目的を作る大事な事は、何でも動いてみる事だと思っています。
関係ない事は、世の中には一つもありません。
自分の人生に関係ないからと避けているより、見てどういうものかと、ある程度深く突っ込んでみるのも、とても大事です。
くれぐれも詐欺とか、変な方向には向かわないで下さいね。

書道は、僕は最終的には、ちゃんとした期間で学ぶと思いますが、先にする事は親孝行であり、身近な事です。
そして、人間として、自分の生活を考える事もとても大事です。
書道を仕事いしても、ちゃんと生活資金を得る事も考えるべきですし、金だけで人生が終わるわけでもない、又、頭で考えるより、動いた方が物事分かりやすい、それは僕の指針だと思っています。

そして、痛い思いをしても這い上がる精神という、人によっては古いと思う気持ちが、全ての財産になっていくという事は断言します。

仕事も大事ですし、旅に出るというのも、価値観として間違っているかというと疑問ですね。やってみましょうよ。