やはり福祉だなと思います

これは残酷と思われるかもしれませんが、実際精神障がいにも程度があり、軽い人はそれ程、病状がないと見ています。
若い人は、がんがんバイトなりしているでしょうし、障がいだからという括りは、やはり古いのです。
その人達は、生活していって、健常者と同じような生活になるのです。

僕はもっと病状の重い人の方が楽ではあります。
知り合いでも、知的障がいの施設へ転職したら、楽な所はとことん楽だったという話を聞いた事がありました。
薬で抑えられていると、基本的には、感情を爆発させる事がありません。
苛々している人を見ていると、病気というより、ずっと入院している事への恨み妬みだと思います。
障がいの方の優しい人、まあ暇な人に、一芸でも趣味や芸術など、楽しみを覚えて欲しいというのが一つと、やはりそれで生活出来たらと思う事が一番でしょうか。

ブログを読むより、福祉を真面目に従事している方は、理解してもらえると思います。
勿論、考え方はまちまちですから、違う意見もあると思います。
ただ、何かに没頭出来る事が幸せなのだとは入院している人を見ていて、僕の主観ですけど思います。
誰だってずっと入院と言われたら絶望する、そのお手伝いをしたいとは強く思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です